地域だより

札幌市消防出初式 (札幌市消防局)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1月6日(土)、札幌市消防局(大島光由消防局長)は、札幌市民ホールで札幌市消防出初式を挙行しました。
 札幌市内10消防署・10消防団の職団員など500名余りが式典に臨み、秋元克広札幌市長の式辞、稲山博司総務省消防庁官(代理・米田順彦消防大学校長)、高橋はるみ北海道知事(代理・橋本彰人道危機管理監)、山田一仁札幌市議会議長の来賓挨拶に続いて、平井勇光北海道消防協会会長ら来賓の紹介があり、消防部隊の観閲、大島札幌市消防局長の力強い「年頭決意表明」がありました。
 市民イベントでは、札幌市消防音楽隊ミニコンサート、少年消防クラブ員とレバンガ北海道のマスコット「レバード」(次世代のバイスタンダー育成特使)による応急手当普及啓発、よさこい年頭演技に続いて、木遣り保存会による木遣り唄やはしご乗りなどが披露され、ロビーでは、消防団員入団促進コーナーや航空隊活動の紹介など家族連れで賑わいました。

関連記事