地域だより

さっぽろ地下街出初式 (札幌地下街自衛消防隊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月9日(火)、札幌地下街共同防火・防災管理協議会では、さっぽろ地下街の自衛消防隊の出初め式を挙行しました。
 さっぽろ地下街(ポールタウン・オーロラタウン)の店舗従業員で構成する自衛消防隊員など200人余りが札幌市消防音楽隊を先頭に防火パレードを行い「安心で快適なさっぽろ地下街」を目指し、市民にアピールしました。
 さっぽろ地下街の自衛消防隊は、地下街の発足した昭和46年に結成されて今年で47年目となり、出初め式は、45回目となり、全国の地下街にはこの種の行事はなく、さっぽろ地下街として大きな誇りとなっています。
 パレードは、隊旗、まといが先導し、本部隊・地区ポール隊・地区オーロラ隊が続き、地下鉄すすきの駅からポールタウンを経て、大通コンコース、オーロラタウン、オーロラスクエアまで行進しました。式典では渡邊光春札幌地下街自衛消防隊本部長が年頭訓示、来賓の札幌市中央消防署田口康博予防担当部長らが祝辞を述べました。

関連記事