地域だより

高校生を対象とした「消防団PR」を実施 (森町消防本部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 1月31日(火)、北海道森高等学校において、町の将来を担う高校生に消防団を知ってもらい、卒業後の入団促進を図るべく、「消防団PR授業」を実施しました。
 授業では消防団の活動内容や報酬・待遇などを紹介し、町に消防団があることのメリットを、クイズなどを用いて説明しました。
 「町を守りたい」「地域の役に立ちたい」という気持ちを活かせる場として消防団があること、また、全国どこでも消防団があり、例え離れた土地へ行っても地域のために活躍できるという内容に、生徒たちは真剣な表情で耳を傾けていました。
 この授業を通して、当町はもとより、全国的な消防団員数の減少と高齢化に歯止めをかける一端を担えれば幸いです。

関連記事