地域だより

女性消防団の独居高齢者世帯査察 (羊蹄山ろく消防組合蘭越消防団・消防署蘭越支署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 羊蹄山ろく消防組合蘭越消防団(団長 坪田 和昭)・消防署蘭越支署(支署長 濱井 誠一)では、平成30年1月27日から2月3日までの間、女性消防団員7名と支署職員が合同で蘭越地区(対象世帯約87世帯)の独居高齢者世帯(70歳以上)を訪問し、防火査察を実施しています。
 積雪が増え、寒さが厳しさを増すこの時季は、暖房機器やガスコンロなどの利用が多くなり、火災の発生が憂慮されます。
 独居高齢者世帯査察では、火気の近くに燃えやすいものがないか、コンセントがタコ足配線になっていないか、逃げ遅れを防ぐ住宅用火災警報器が正常に作動するか、などに着目し実施しています。
 また、女性団員からは、「除雪が大変ですね。」「健康状態や何か困っている事は無いですか。」と声を掛け、手作りのコインケースをプレゼントしました。
 この高齢者査察は、毎年この時季に実施しています。

関連記事