地域だより

平成30年度消防演習 (真狩支署・真狩消防団)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 6月6日(水)羊蹄山ろく消防組合消防署真狩支署(加賀谷光広支署長)、真狩消防団(兼松良信団長)が道の駅西側駐車場を会場に、平成30年度消防演習が行われました。
 演習には、消防団員36名、消防職員7名、消防車6台が集まり、通常点検、小隊訓練、ポンプ車操法訓練、小型ポンプ操法、一斉放水訓練、分列行進を実施し、日ごろの訓練成果を披露するとともに防火・防災意識の高揚を図りました。
 一斉放水訓練では、昨年度更新された消防団配備の新型消防車(CAFS)を使用し、実践さながらの迫力ある訓練を実施しました。

関連記事