地域だより

平成30年度蘭越消防団・蘭越支署消防連合演習実施~消防職団の士気の高揚と消防技術の錬磨、職団相互の団結を図る~(羊蹄山ろく消防組合消防署 蘭越支署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
羊蹄山ろく消防組合蘭越消防団(団長 坪田 和昭)・消防署蘭越支署(支署長 濵井 誠一)は、7月8日(金)、蘭越町尻別川河川公園を会場に消防総合演習を行いました。
 演習には、消防団員や支署職員、消防関係者など132名が参加し、分列行進や観閲、小隊訓練、無火災を願い小型動力ポンプによる一斉放水を実施しました。
一斉放水終了後には職員展示として重症内因性疾患を想定した救急シュミレーション訓練を実施、傷病者の状態を観察した救急救命士が除細動器による電気ショック、医師の指示のもと器具を使用しての軌道確保や、点滴からの薬剤投与等の医療行為を行いながら医療機関まで搬送する訓練を実施しました。
 また、来年度は隔年で開催されている羊蹄山ろく消防組合消防連合演習が同会場で開催される予定です。
一斉放水                      自動車ポンプ操法
小隊訓練(名駒分団)                分列行進

関連記事