地域だより

「防災フェスティバル2018」を開催(北見地区消防組合)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 北見地区消防組合では、6月30日(土)に北見市川東、若松大橋河川敷を会場に「防災フェスティバル2018」を開催しました。
 晴天の中、1,900名を超える家族連れなど多くの市民が来場し、濃煙、放水、消火器、応急手当などの体験の他、住宅用火災警報器の適切な設置や、実験により電気火災の危険性などを呼びかけ、楽しい交流の時間を持ちながら市民の方々に防火防災に対し関心を持っていただきました。
 また、消防団による一斉放水訓練や少年消防クラブによる軽可搬ポンプ操法が披露されました。

関連記事