地域だより

外国人救急事案対応研修会(江別市消防本部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 江別市消防本部では、12月6日(木)、増加する訪日外国人の急病事案や交通事故対応を学ぶため、医療法人徳洲会札幌東徳洲会病院の国際医療支援室室長である増井伸高医師をお招きし、外国人救急事案対応研修会を開催しました。
 研修会では江別市内の在住外国人の把握や市内で発生した外国人救急事案の活動検討を実施し、増井医師より日本国内や北海道内の外国人患者の傾向や救急活動に関するアドバイスをいただきました。
 また、増井医師の講義では、翻訳アプリ「ボイストラ」を使用した外国人傷病者への接し方や単語発音、ジェスチャーでのコミュニケーション方法など私たちが日頃抱えている懸念事項にアドバイスをいただくことができました。
 近隣市町村からも消防職員が参加し活発な意見交換が行われ、大変有意義な研修会となりました。

関連記事