地域だより

町内餅つき大会で火災予防 (羊蹄山ろく消防組合消防署 倶知安支署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月15日(土)、倶知安消防署(署長 麻生裕之)では倶知安町少年消防クラブが町内会の主催する餅つき大会に参加しました。
 参加した14名のクラブ員は町内会の方々から杵の使い方を教わり汗だくになりながら餅をつき、出来たての餅にあんこを包み地域の方々と一緒に食べて交流を深めました。
 火災予防啓発としてタオルやティッシュを配り「火の用心」を呼びかけ、感謝の気持ちを伝えました。
 最後に消防水利の巡視として雪で埋没した消火栓をスコップで除雪作業を行いました。
 

関連記事