地域だより

災害対応特殊消防ポンプ自動車を納車 (羊蹄山ろく消防組合倶知安消防署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 羊蹄山ろく消防組合倶知安消防署では平成元年から使用してきた消防自動車を更新し、3月3日に災害対応特殊消防ポンプ自動車の納車式を行った。
 この消防自動車は600Lの水を積載し、水と薬液と空気を混合して泡を出すCAFS装置を搭載していながらコンパクトな車体に仕上がっており、狭い雪道や、山田地区のペンション街における災害に対し現場に到着する時間の短縮が期待できる。
 また、倶知安消防署で3台目の緊急消防援助隊登録車両として有事の際は日本全国へ出動する。
 羊蹄山ろく消防組合の文字管理者は「地域住民の生命、財産を守るために、この災害対応特殊消防ポンプ自動車の機能を最大限生かして有効な消火活動を行っていただきますようお願い申し上げます。」と述べた。

関連記事