地域だより

冬季山岳救助訓練 (羊蹄山ろく消防組合消防署京極支署・京極消防団)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 羊蹄山ろく消防組合京極消防団(団長 鶴岡敏美)羊蹄山ろく消防組合消防署京極支署(支署長 佐古岡淳)では3月19日に冬季消防団教育訓練を京極町生涯学習センター湧学館を会場に実施し、団員33名、職員9名が参加しました。
 訓練は毎年実施し、消防団員に必要な知識、技術、教養を深めるために行われ、今回は交通安全講話を倶知安警察署京極駐在所の西槙文雄所長を講師として招き、「座席シートベルト着用の必要性について」のDVDを視聴した後、管内の交通事故の傾向や冬期間に起きるホワイトアウト時の対処法などを聴講しました。
訓練終了後、京極消防団長より「シートベルト着用の重要性について知識・理解を深めることができ、良い訓練となった。
 今後も消防団員のスキルアップのために、このような訓練を継続して行っていきたい。」と講評しました。

関連記事