地域だより

多重衝突事故合同訓練を実施 (釧路東部消防組合 釧路消防署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月28日(木)、釧路東部消防組合釧路消防署(尾濱正紀署長)では、釧路外環状道路(釧路東IC~釧路別保IC)開通に伴い、関係機関と多重衝突事故合同訓練を実施しました。
 訓練には北海道警察釧路方面本部、釧路警察署、釧路開発建設部、釧路消防署から約90名が参加し、「多重衝突事故により多数の死傷者が発生した」との想定で、釧路外環状道路上に事故車両を配置し、車内に閉じ込められた怪我人の救助、トリアージ及び応急手当の実施、救護所の設置等を行いました。
 また、後日釧路ドクターヘリとの合同訓練も行い、釧路外環状道路での多重衝突事故等の対応について関係機関との連携、協力体制を確認しました。

関連記事