地域だより

園児へ防火・防災教育を実施 (檜山広域行政組合 江差消防署)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 檜山広域行政組合江差消防署(澤田和弘署長)では、全道秋の火災予防運動期間中の10月24日・28日・30日の3日間で、町内にある保育園・幼稚園(計6施設)で防火防災教育を実施しました。
 内容は、防火防災映画の鑑賞、消防職員の講話を行い、子どもたちは真剣な表情で鑑賞し、質問にも大きな声で答えていました。
  最後に帰ったらお家の人に「今日消防の人と火事と地震の勉強をしたよ。火の取り扱いに注意してね」と言うことを約束し、真剣だった子供たちはご褒美のお菓子をもらって喜んでいました。

関連記事