地域だより

消防団員運転技術向上訓練 (滝川地区広域消防事務組合滝川消防団)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 令和元年10月20日(日)、滝川地区広域消防事務組合滝川消防団(丸岡秀彦団長)では、団員約60名が参加して運転技術向上訓練を実施しました。
 この訓練は、消防団員の運転技能向上及び同乗者による誘導要領の習得を目指し、冬季間等における狭隘な道路走行等、車両運行時の事故防止に努めることを目的として、滝川市の空知自動車学校教習所コースを使用して行われました。
 訓練は緊急走行における注意点の説明に始まり、誘導要領の習得、指定したコースを走行する法規走行、狭隘箇所への進入脱出やスラローム等で正確な車体感覚を習得する個別走行を各分団で所有するタンク車、ポンプ車に分かれて実施しました。
 自動車学校教習所コースで行う運転技術向上訓練は消防団員初めての試みで、今後の現場活動に生きる大変有意義な訓練となりました。

関連記事