地域だより

新装備を活用した消防職団員訓練(羊蹄山ろく消防組合倶知安消防団)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 羊蹄山ろく消防組合倶知安消防団(瀬尾武志団長)では、令和元年11月18日(月)に、倶知安町総合体育館で秋季消防職団員訓練を実施しました。
 訓練には消防団員69名、消防団車両8台が集まり直近水利の倶登山川から小型ポンプで揚水しポンプ車へ中継送水を行いました。
 今年度の公務災害防止活動援助事業により新しく配備されたライフジャケットを着装し、河川へ小型ポンプを搬送する際や吸管を投入する際の安全管理を徹底しました。
 また、同事業により配備された特定小電力トランシーバーを活用し、活動中の団員同士の連絡体制構築し円滑な消防活動ができるよう訓練をしました。
 今後も災害対応で装備を活用できるよう訓練を積み重ねていきます。

関連記事