第69回北海道消防大会

ごあいさつ

歴史と伝統を持つ、第69回北海道消防大会を「摩周湖といで湯のロマン」弟子屈町において、全道各地から関係者の皆様をお招きして開催できますことは、誠に喜ばしく光栄に存ずるものであります。
大会には多くの皆様のご来訪を心からお待ち申し上げます。

火山と湖が織りなす大自然に囲まれ、8月に「阿寒摩周国立公園」と名称変更となる記念すべき時期に、弟子屈町にて全道各地の消防団員の皆様参加のもと消防大会を開催できますことを大変楽しみにしております。

釧路北部消防事務組合
弟子屈消防団長 藤田 茂

第69回北海道消防大会が、世界有数の透明度を誇る摩周湖など自然豊かな弟子屈町で開催するにあたり、開催に向けて鋭意準備を進めている所でございます。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

釧路北部消防事務組合
消防長 菅井 憲昭

弟子屈町の特産品の紹介

《弟子屈町》

弟子屈町は、釧路管内北部の釧路川最上流部に位置し、阿寒国立公園の56%の面積を占め、摩周湖、屈斜路湖、硫黄山など道内屈指の景勝地を有する自然豊かな町です。
また、温泉資源にも恵まれており、特に川湯温泉では強酸性の硫黄温泉が湧き、「北の草津」とも呼ばれています。
摩周そば、摩周メロンがブランドとして定着し、近年は、食の魅力づくりの一環として摩周和牛の生産、弟子屈ワインの商品化に着手しています。
※「阿寒国立公園」の名称については、6月13日に行われた中央環境審議会自然環境部会において公園計画の一部変更について審議され、阿寒国立公園の公園区域及び公園計画変更に係る中央環境審議会の答申で「阿寒摩周国立公園」へ名称変更する等の答申がなされています。(答申を受け7月から8月に官報告示される予定)

弟子屈町へのアプローチ

●車で

釧路空港から約90分
女満別空港から約100分
中標津空港から約1時間
釧路市から約90分
網走市から約90分

●JR(釧網本線)

釧路駅から約90分
網走駅から約2時間

会場アクセスマップ

[map address=”北海道川上郡弟子屈町摩周3丁目3−1” width=”760px” height=”500px” api=”AIzaSyB9rgwbMx2O8oZxJpevujwlQiyjUrevKfM” theme=”flatmapwithlabels” class=”dp-light-border-map dp-map-centered” zoom=”13″ draggable=”true” controls=”true”]