地域だより

火災予防広報を郵便局とタイアップ!-電子看板・集配車でPR [釧路東部消防組合浜中消防署]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 浜中消防署(髙野 弘署長)では、春の火災予防運動(4/20~30)の一環として浜中町内の郵便局と連携した火災予防の広報活動を実施しました。
 この期間中に住民が利用する機会の多い郵便局のご協力をいただき、霧多布郵便局に7枚の画像が入れ替わる電子看板(デジタルサイネージ)の設置や、郵便集配車に火災予防のマグネットシートを取り付けて集配業務と並行して火災予防のPRを行っていただきました。
 霧多布郵便局菊地局長は「町内でも火災が連続で発生しており、地域貢献の一環としてご協力したい」と述べておりました。また、古くなった火災予防旗を再利用して、こいのぼりに加工し5月5日のこどもの日まで消防署に掲揚し、町民から広く注目を集めています。

関連記事