地域だより

私たちの大切な人を守るため! 高校生へ普通救命講習を開催 [羊蹄山ろく消防組合倶知安消防団]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

   倶知安消防団(瀬尾武志団長)では、7月22日(木)、倶知安農業高校において、2年生22名へ対し普通救命講習会を開催いたしました。
 倶知安農業高校は、地域の酒蔵と協働し地酒の開発に取組むことや、生徒が丹精込めて育成した作物の苗を格安で町民に提供するなど、活発な活動が地元では有名です。また、同高校の教育カリキュラムの一つに救命講習が盛り込まれ例年開催しておりましたが、新型コロナウィルスの感染拡大を受け、1年間実施することができない状況でした。
 この度、感染防止対策を徹底し、ようやく普通救命講習会を開催できたこの日は、指導にあたった団本部女性部の団員も久々の講習会であったため、意気揚々と熱の入った指導となりました。
 女性部の西村班長は「純粋に蘇生法を修得したい気持ちが伝わるから、こちらもいつも以上に真剣になります。」と汗をぬぐいながら満面の笑みを浮かべていました。
 受講中の生徒たちは、凛とした眼差しで大切な人を守るための気高い心意気が感じとられ、講習終了後には、一様に安堵した表情で修了証を受領しました。

関連記事