地域だより

消防車へ施す絵画作品決定・「ドリーム賞」デザインをラッピング [釧路市消防本部]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

釧路市消防本部(石山 巌消防長)では、今年度購入する消防車のデザインの一部を釧路市内の小学4年生から絵を募集する「ドリームアートプロジェクト」を実施しました。同プロジェクトは、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、外出自粛などの規制がかかるなかでも、子供たちに消防車を活用して楽しい思い出を作ってもらうため、同消防本部が企画したものです。

  応募のテーマを「釧路」として公募した結果、釧路を代表する夕焼けや鶴など、21校から子供たちの発想豊かな絵画が148作品の応募がありました。9月28日(火)に石山消防長と遠藤睦男次長に外部有識者を交えて審査会が行われた結果、消防車に絵を掲載する「ドリーム賞」には、釧路市立釧路小学校の松田萌那さんの作品が選ばれました。

 松田さんの作品は、「KUSHIRO」のアルファベット文字を、釧路に生息するエゾシカやキツネ、マリモなどを用いて表現しています。「ドリーム賞」に輝いた作品は、来年3月に更新消防車(化学消防ポンプ自動車)に拡大プリトした絵をラッピングの後、お披露目式と授賞式を行う予定です。

関連記事