地域だより

 「ひがし北海道クレインズ消防デー2021」開催! 安全・安心を支える消防・火災予防PR [釧路市消防本部 ]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 釧路市消防本部(石山 巌消防長)では、10月9日(土)、アジアアイスホッケーリーグ戦開催会場のひがし北海道クレインズアイスアリーナ(釧路アイスアリーナ)において「ひがし北海道クレインズ消防デー2021」を開催、試合観戦に訪れた一般市民に広く消防について照会し、地域の安全と安心を支える消防への理解と関心を高めるとともに、火災予防の啓発についてPRを行ないました。

 イベント会場内の火災予防啓発コーナーでは、住宅用火災警報器パネルを設置、日常の点検方法や維持管理及び設置後10年を過ぎた機器の取換えをPR、火災予防チラシの配布や地震等の災害時に活用する緊急バックや備蓄品も展示し、家族の命を守るための備えについて普及啓発を図りました。また、小さなお子様向けに、ミニ消防車などの写真撮影コーナーのほか、屋外イベントでは煙の体験コーナー、消防車や梯子車、救急車の展示を行ない、楽しみながら消防を体験してもらいました。

 当日は親子連れも多く来場し、消防マスコット「消太3号」とクレインズマスコット「ゲットくん」がコラボし、幅広い年齢層に消防行政と火災予防のPRを行うことができました。

関連記事