地域だより

世界に1台だけの特別な消防車!ドリームアートプロジェクトお披露目式の開催 【釧路市消防本部】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

釧路市消防本部(石山 巌消防長)では3/26(土)、新型コロナウイルス感染症の影響が続き、外出自粛などの規制がかかる中でも、子供たちに楽しい思い出を作ってもらうために、今年度購入する消防車のデザインの一部を釧路市内の小学4年生から募集する、「ドリームアートプロジェクト」のお披露目式及び授賞式を開催しました。
「釧路」をテーマに募集された作品には夕焼けや鶴など、子供たちの発想豊かな作品が21校から148点集まり、審査の結果、消防車に絵を掲載する「ドリーム賞」には、釧路市立釧路小学校の松田萌那さんの作品が選ばれた他、17点が入賞しました。
お披露目式及び授賞式では、石山消防長より、出席した児童13名に対し、自分の絵が描かれている表彰状と後援・協賛企業からの副賞品が贈呈されました。
「消防車に自分の絵が描かれていたら・・・」そんなワクワクするようなことが現実になり、受賞した子供たちの笑顔を見て、職員一同も笑顔になっていました。
また、北海道消防協会より着ぐるみ「消太3号」も駆けつけ、お披露目式を盛り上げました。

 

 

 

 

関連記事